~虹の記憶と空色のルピナス~

◆◆自分を見つめていくための探求ブログ◆◆

宇宙からの卒業試験

こんばんは、MASHIRO です。

今日がその期限の日。

どう判断されるのか分からないけどー

今までの自分を受けれて、
今までの自分から卒業をする。

新しい自分は、
アルクトゥルスの生き方に戻ること。


今までの自分は、
平和主義であることと、
相手の波長に合わせているので、自分というものがどこにあるのか、
よく分かっていませんでした。


自分が何を感じているのか、何を思っているのか、
それを自分の中に問いていく事の大事さを知りました。


私である自分の感情を封印しようと思ったのは、
ワガママは嫌われるという事を知ったから。

けれど、

~したい!っていう気持ちとワガママは違います。


それを小さいころは混同していて、
相手の嫌な顔を見たくないから、

嫌な事をしないようにと、
自分を出さないようにしようとしたのを覚えています。


ネガティブな感情を抱いている人を見ると、

なんとかしたいっていう思いがありました。

ネガティブになった背景とか、
その人がどう思っているのか、とか、
その人の事情とかを
話をよく聞いて、

自分の思う、
少しでもよくなる道を相手に話したりすることもありました。



けれど、


その人から、ネガティブなものを外そうと、
方向性を示したりするのですが、

自分が話したい意味とは、別の意味に捉えられたり、

頭では分かるけど、
気持ちでは、相手は寂しさとか憎しみでいっぱいになっていたと思います。


助ける事ができなかった、、、という残念感がありました。


そして、その後の私は、

何が正しいのか、という『~しなければ』『~すべき』という思考に基づいて、
人生を歩むことになります。


今なら分かります。


助けて欲しかったのは、
私であったという事。


その時の私は、寂しさでいっぱいでした。

だから、

同じように寂しさを抱えている人、問題を抱えている人を、
放っておけなかった。


みんな笑顔で仲良くが理想だと、心からそう思うけど、
あの時の私は、
自分が一番自分の事を助けて欲しかったんだと
そう思います。


自分の感情を自分から切り離すことで、

しなければなならない事をやってきました。

仕事だったり、上司に合わせたり、空気を乱さないように、
その時の空気を読んで、自分の役割を察して、行動する。


自分の好きな人のために、
自分が我慢することは、全然問題ないけれど、


その自分の好きな人が、
自分を裏切ったとしたら、


その時、


その時の我慢が、一気に、
ぶわっと噴き出していく。


私はこんなに我慢して、合わせていたのに。

もめないように、努力していたのに。

そんな私を責めて、裏切るのか・・・と。


そんな事もありました。



自分の中に、生まれもって持っているネガティブなものもありました。


あまりに悲しくて悲しくて、

思い出したくないほどの悲しい別れ。


それを感じたくないから故に、

愛情なんて、最初から感じない方がいい。


そんな思いから、

自分で、
『自分の感情を分かりにくくする』


そうやって、生まれてきたところが、私にはありました。



でもそれも、

もう終わり。

自分で
『自分の感情を分かりにくくする』

という事をしても、

そういう周波数を自分で持っている以上、

それに気づかせる問題が起こります。

私、自分の感情が、自分で分かっていないんだ・・・


っていう事を気づかせるために、

同じような問題が繰り返し起こったりします。


それに気づかせてくれるのは、

嫌な問題もそうですし、
嫌な人だったりもします。


私の中に、こういうものがあるんだよ・・・


という事を教えにやってきてくれます。


自分の持っている周波数が、それを映し出し、
それに合った人がやってきてくれます。

それが縁というものなのかもしれないですね。



ネガティブな感情というのは、

どこからやってくるのだろうと、

一時、考えた事がありました。


その答えは地球。


この3次元の地球に降り立つために、
ネガティブな周波数が必要だった。


今まで、
その周波数を外そうとするのは至難の業でしたが、

もう、そういう時代が終わろうとしています。


この話を聞いた頃、

私は、大事な友人と衝突を起こし、
今まで我慢していたことが、一気に噴き出し、

けれど、楽しい思い出もあったことから、

この、我慢していたエネルギーとか、

私だけが、我慢していたんだろうかという悲しさから、

相手を見るだけで嫌悪感や拒否感が起こり、

あんなに大事だったのにと・・
何とかできないのかと、

方法を探していた所でした




それまでに、

いろんな本や方法を読んだりしていたのですが、

その方法の全ての集約された形が、

この地球の波動を、自分の中から外して、浄化し、統合するという方法。


私の中で、『これだ!』と感じた時、
ハイヤーセルフの彼も手伝ってくれて、


私の中にあるドロドロとしたネガティブな周波数を外しまくりました。



アルクトゥルスの方とも話をすることが出来ました。
彼は、ハイヤーセルフの彼よりも、高次の存在で、
それでもまだ、次元を落として、やってきてくれていると話していました。


私はもともと、
彼のために、人の影とは何かを学ぶために、地球に降り立ちました。


その時の最初の姿は、

マーメイドでありました。



ネガティブな周波数を外していく過程で、

ドロドロとしたマーメイドの姿が私の中から出てきたのです。


なぜにマーメイド???


でもこれは、

レムリアの時代と関係していました。


私が、自分の感情を感じにくしようとしていたきっかけが、

この時の記憶でした。

とてもとても辛い別れの経験をしたのです。




その時の使命は、みんなを源に連れていく、
だったのですが、


あまりの悲しさから、


その場から離れる事ができず、
使命を全うする事ができず、


その罪悪感から、

自分だけ幸せになってはいけない・・・という

気持ちになりました。


そして、
幾度も輪廻を繰り返し、



今に至ります。




長い長い時間をかけて、


今このアセンションのタイミング。


今こそ、ネガティブな周波数を外して、元に戻る時。



大好きな彼とも統合して、
新しい次元に移行する。


私たちが統合していく事で、


それが、回りにも影響を与え、


源とのつながりが深くなり、

それが、源へと戻ることになるのではないか。



それは、

悟りをひらくことと似ているけども、


今ある苦しみから抜け出したかったら、

外をなんとかするのではなく、

自分の中を見て、
自分の魂の声を聞いて、
自分ともっと対話をして、

自分が一体何をしたいのかを、
自分と繋がっていく事が大切です。



ネガティブな周波数を外していくことで、

ふと、ひらめいたりします。


今まで聞こえなかった自分の声が聞こえる回数が増えてきます。


外をなんとかする前に、

自分の声を聞きましょう。


ネガティブな波動は、
人の闇は、

私が経験したことから言えば、
孤独感から生まれていく。そこから、悲しさが生まれ、
拒否感や、不足感も生まれていく。


そして、無価値観を感じる。
できない事から、罪悪感を感じる。

思考も同時に、
無価値な理由を探していく。

どこまでも、どこまでも、自分の価値のなさを感じようとする
出来事をつくっていく。


そして、
自分と同じような人が現れたら、とても安心感を覚えたりする。


元々、みんな同じなのだから、

同じような人はOKで、違う人は拒否するっていうのも、意味がなくなる。
ただ、周波数の違いがあるだけ。

価値がないとか、そういう事ではないんだ。



さて、

今までの地球での生き方を卒業して、

新しい地球での私を想像すると、

それは、もう作らない事。


元に戻ること

元の自分に戻ること、という感覚になりました。


自然を大事にしてきました。
だから私、
自然な流れって、だいすきなのです。

無理にこうしよう、ああしようじゃなく、

自然の流れに歩いていく。

変に力をいれず、

自分の、ああしたい、こうしたい、
ああすれば、よくなるんじゃないのかなー
楽しくなるんじゃないのかなー

そんな気持ちを大事に、

これからの自分は生きていきたいと思います。

5月19日 記。