~虹の記憶と空色のルピナス~

◆◆自分を見つめていくための探求ブログ◆◆

卒業 2

・・・なんだか、
ゲームのタイトルみたいな気もしてきましたが・・・

こんばんは、心の卒業課題取り組み中のMASHIRO です。


今日のお題は、『卒業 2』

オタクからの卒業について、でございます。


まぁ、何かの縁で、、
ここのブログのあるカテゴリの話を見ていただいた方なら・・・
うっすら分かると思いますが・・・

わたくし、バリバリのオタクでした~。


その名残は今もあるのですが、


今はもう、過去の私ほどは・・・
時々、オタクの血がたぎる時はあるけども(笑)



オタクが嫌いになった訳じゃないのです。

ちゃんときっかけがあるのですが、
これまたちょっとスピリチュアルが関わっているので・・
嫌いな方は、、、ごめんなさい(ぺこり)







きっかけは、
私が、1回目の身体の強制終了が起きた後、
あるセラピストの方(見える方)と話をした時に、

ゲームはやめた方がいい。

という話になった事です。



ファミコン時代からゲームをしていたので、
すぐにやめる事は難しいだろうから、
徐々に、全部売ってしまうのが良いと言われました。


これは、私の場合、であるので、
全員に共通しているとは思っておらず、
ゲームを否定している訳でもないのよ。

『私にとっての話』として、聞いていただけると嬉しいです。


それで・・
なんでそうなったのかなんですが、

ゲームをすると、『開いてたものが閉じていく』・・・
とのことでした。

最初は意味がよく分からず、

仮想空間の中に入ってしまう

という事かな?とか思っていました。


それもそうなんですが、
今思うのは、

自分の感情が閉じていく、
閉じたままになってしまう。


という事なんじゃないのかなと。



ふと思ったのです。

ゲームをする時って、
何か嫌な事が合った時もそうだし、
気分転換だったり、
もちろん好きな作品にどっぷりと浸りたいというのもあったけど、

現実ではない世界にいたい。

そこにいる事で、嫌な気分がなくなる・・・という気分になれる。

主人公気分を味わえる。


私の場合、それが人よりも深く、もぐっちゃう事になるんではないかと。

自分の感情を見ないようにするために、
ゲームの世界に入ることで、嫌な気分が感じなくなる、
そして、
自分の感情が閉じていく。

閉じていくと、
本当は出るために感情は沸いているのに、
それが自分の中にたまり、たまり、蓄積されていく。

だから、私の場合は
やめた方がいいって、そういう事だったんじゃないのかなぁ
なんて思います。


そして、ゲームだけではなく、

大量の漫画とか、アニメグッズとか、ペットボトルのおまけとか、CDとか、
まぁ、もう、そりゃ、たくさんの量が、
部屋の中にありました。


声優ファンもしていたので、
そのグッズもありました。

声優ファン・・・そう
この声優ファンもねー、

たぶん、自分が閉じられていった原因の一つだったと思います。


私の場合なんですけどね・・

無意識のうちにガチ恋になってた時があったのです。
(恋じゃないと思っていたのですがね・・・)


今はネットがあるので、
ちょっと検索すれば、経歴が全部出てくる、出てくる。
出演作品も、販売されているCDもDVDも出てくる、出てくる。

それをできる限り全部集めていました。

だけど、

その人が結婚されていたと知り、


はたっと気づいたのです。



私・・・

絶対に結ばれない人に対して
愛情を注いでいるのかもしれない・・と。



雑誌の切り抜きも集めていたのだけど・・・


結婚の話を聞いて、なんかショックを受けてしまい、
なんか、無意味じゃない?

って、自分の中からそういう感情が出てきたのです。


声優さんが結婚されてショックを受けるっていう話は、
それまでにも時々耳に入ってきていて、
オタクじゃない人から見るとそれは、
声優さんに対して、そういう感情を持つことがおかしい・・・
みたいな意見がある事も知っていたから、

私はそうじゃない、そうじゃない、
結ばれないのは分かっている。
純粋にファンなだけなんだ・・・って思っていましたが・・・


いざ、
結婚していたなんて話を聞いたら、

自分でもびっくり。


めっちゃショックでした。
心に穴が開いた感じでした。

本人の公表があった訳じゃないのもまたショックで。


あまりのショックだったんですけれど・・・
この翌日に・・・
ツインレイさんに会ってたりするから・・・

いやあ、人生って分からんもんです(笑)



そこからね・・・・


あぁ。私、以前辛い別れをしたあの経験の穴を埋めるために、

この人のファン(ガチ恋)になってたんだ・・・

って気づきました。


もうあんな辛い経験したくないから、

最初から結ばれないと分かっている人に愛情を注いでるんだなぁって、

そう思ったのです。


(私のツインレイの道を歩み出したきっかけでもあります。)



あとねー

けっこう書きにくい内容を書きます。

やっぱり、
結婚していない人って、
格下に見られる傾向ってあるじゃないですか。


私自身は
結婚していないことで、見下された経験はないのですが、


ただ、
自分自身が、

あぁ、私って、女としての価値もないのか・・・とか、

やっぱり私は置いていかれる存在なんだ・・・とか、

結婚していないというだけで、
自分の価値を自分でめっちゃ下げていた私がいた!


これもちょっと見たくない私だったけど・・・

卒業だから、書く!




誰か一人に選ばれないだけで、(結婚相手っていう意味ね)
自分の価値がない気分になってしまう。

という事は、

その誰か一人に、

自分の価値を全て委ねている自分がいる。




それ、なんかおかしくない??




なんで私の価値が、
たった一人の男性によって、
上がったり下がったりするのか・・・。



選ばれても、選ばれなくても、

私の価値は、変わらない。



自分で決める事ができる。


今はそう思います。



というわけで・・・


ここ何年かで、
声優ファングッズも、ほとんど売りました。

漫画も作品グッズも、
好きな声優さんが出ている作品という理由のみで買っていた事が多かったので、

まとめてズバッと売りまくりました。


今までで合計すると、段ボール箱30以上はあったと思う・・・。

オタクとして少ないのか多いのか分からんけども、
私にとっては、
服の数より多かった(笑)

そして今、、、

1割~2割くらいはまだグッズが残っています。

ゲームもね、声優ファン関係なく、
本当に好きなのだけ残しているんだけど

それももう一度考えてみようかな・・・なんて思っています。


価値がありそうなものはほぼ売ったから、
今はもう買取ができないようなものしか残ってないような気もするから、
処分っていう形になるかもしれないけど・・・


2020年に地球が新しくなっていくから(この話もどこかで書きたい)
その新しくなった地球に、
何を自分は持っていくのか、を考えて、

何が自分にとって大切なのかを、
(原点回帰の時の断捨離でも念頭に入っていた)

2回目の断捨離として、
やっていこうかなぁ~

と考えています!

今度は、勉強、ビジネス関連書籍も視野に入れて。



オタク卒業の話でしたが、

実はこれ、

自分の価値がないと思っていた自分からの卒業の話でした(`・ω・´)


ここまでこれたのも・・・
ツイン彼のハイヤーセルフさんのおかげです(´Д⊂ヽ