~虹の記憶と空色のルピナス~

◆◆自分を見つめていくための探求ブログ◆◆

卒業

こんばんは。MASHIROです!

今日のお題は『卒業』

何故に卒業シーズンでもないのに『卒業』なのか。

きっかけは・・
ここのブログでここのブログを始めた時の自分の問いに答える事ができ、
その後、自分が生まれかわる意味を持つ夢を見たり、
卒業式の夢を見たり、
いつも見ているブログにも、卒業について書かれていたり・・・
もしやこれが、シンクロシニティか!?


今月19日が満月なので・・・
その日までに何かをしなければならん衝動にもかられていると、
ツインである彼のハイヤーセルフさんからの課題・・
(ハイヤーセルフさんについての話もいつか書かねば・・)

いろいろヒントをいただきまして、
自分の答えがでました。


『今までの自分からの卒業』
ばばーん!


卒業っていうのは、
仕事をしていて、新しい職場に移る時に、
「卒業おめでとう!」って言われたことを思い出します。
(みんなあまり良く思ってない職場だったのでね~・・・)

あとはオタクからの卒業。
(これもちょっと書きたい・・・・)

そして、大学の卒業。

大学というのは、私にとってかなり
いろんな要素が詰まってた時期で、
勉強という意味では、ちゃんと単位もとったし、就職もできたけど、
心の中では10数年、ちゃんと卒業できていなかったように思います。


他のカテゴリでも書いていたかもしれないですが・・

とにかく
大学4年生は、嫌な思い出が9割5分くらい・・・かな?


卒業式当日は、
ほとんどの人が着物を着て、オシャレして、
卒業旅行どこ行く???
もしくは、もう行った後???みたいなノリで、
写真をパシャパシャとったり、
先輩、先生に挨拶したり・・・・


わーきゃーする日・・・

なんですが、、、


私にとっては・・・それ以前に疲労困憊だった・・(´・ω・`)


卒業旅行。。。何それ?な感じだったし、
卒業課題の発表が終わってからも大学行って、論文最終チェックしていたし、
就職先の勉強会とかも並行して行ってたから休みなかったし、


自分の所属している卒業課題グループが、
嫌で嫌で仕方なくて、嫌で嫌で仕方がない1年を過ごしてきて、
そこから、早く抜けたくて、抜けたくてしょうがなかったので、
挨拶もそこそこに、
ひとり、早めに抜け出し、

家まで3時間かかる電車の車内に、

卒業証書を置き忘れるという


生まれて初めて、公共の場で忘れ物をするという体験をしました。


めっちゃ疲れていて、寝ていて、
いつもなら、忘れ物をしないように荷物は『とって』を腕にかけて寝てるのですが、
なぜかこの日は、証書が入っている袋をそのまま、
そのまま自分の横に置いて、寝てしまい・・・
乗り換えする時に慌ててドアから出て、

プシューッとドアが閉まった瞬間・・・


「あ。」


ちーん


その後、なぜか親に大激怒され・・・

なんでそんなに怒られるのか意味不明で、
半泣きで駅に電話をし・・・


運よく?
見つかりまして・・・

一件落着したのですが・・・

この時の私にとって、この卒業式はとっとと終わらせたい
あまり大きな意味がなかった故に、

卒業証書を忘れた事に対して、
私がものすごく凹んでいる、という風に捉えられて怒られた事が、
すっごく嫌でした。

一応、上記説明はしたんだけどね~
私が自分に対して「なんてこったい!」と凹んでいると思われるのは分かるんだけど、
私は別に大して凹まず(疲れすぎて感覚がマヒしていたのかもしれない)、
見つかるだろーとも思っていたので・・


そんな嫌な思い出が強く心に残っていました。


同期はみんなオシャレしてたなー

私もすれば良かったと今更ちょっと思うけども・・・
(実は成人式も着物着ていないのよなー)


・・・まぁ、、いっか (笑)



大事なのは、
卒業式って、やっぱりねー


ちゃんと感じる事だと思うのね。



あぁ、今まで4年間やってきたんだー
がんばったー
辛かったけど、乗り切ったー
楽しかったー


そういうのを感じるのが大事だと思うのよ。


そして、そこから、

次のステージに進む。



私の場合は、『嫌だった』という拒否感が強く残っていてね~
担当の先生がめっちゃ嫌いでね~
やってる事も、個人的には嫌いでね~
(最初は興味があったのは確かだけど)
そこからの学びはたくさんあったのだけども、

感情的には『嫌い』がベースなのよ。

なかった事にしたい、やり直したい、
そういう自分の中にいて欲しくないという拒否感なんだよね。


その感情を、

まるっと受け入れる事が、


私の卒業。



そんな気がします。



同期の事もそう。


あぁ、嫌だった嫌だった。


嫌いな人と一緒にいてしまう、
嫌だと思っても我慢してしまった自分が嫌だった。



それも許しちゃえ!



あんな嫌な空間を選んだ自分、引き寄せた自分、
ちゃんと考える事ができなかった自分、


それも許しちゃえぇぇ!!


いいんだ!それで!


嫌だと思った事は、それはそれで良くて、

間違いじゃなくて、

どうにもできんかった事も、

嫌で嫌で嫌で仕方がなかった日々も、


それも良いんだ!!

ばばんっ!


それも私なのだ!



嫌な私の思い出も受け入れる事が、私の卒業。



そういうのを19日まで書いていこうと思いまーす(`・ω・´)ゞ


ちゃんと卒業しないと、次に進めないしね・・・