~虹の記憶と空色のルピナス~

◆◆自分を見つめていくための探求ブログ◆◆

原点回帰から見えてきたもの その2

おはようございます。MASHIRO です。

・・・
過去に書いていたノートを引っ張り出して、
(悩み事があるとノートに書き出していくという習慣が高校生くらいからありまして)
久しぶりに読み返していると、


めっちゃいろいろ考えてるなぁ(´・ω・`)


という感じが出ていました。



身体が強制終了したのは、2009年頃。
この頃に過敏性腸症候群かもと気づき始めて、
原因と思われるストレスって何なのかという事が自分の中のテーマでありました。


当時の私の事を少し話すと、
自分で自分が何を考えているのか分かっていなかったので、
真っ暗闇を歩いている感じだったみたいです。(ノートから感じるに)

まぁ、、先日の記事にも空虚って書いてるしね(笑)


なのに私、
誰にもそんな事言わなかったんです。

自分が空虚感でいっぱいだということ。
将来の事も、
この仕事を続けて良いのかも分からず、したいのかも分からず、
言ったら人間否定されるという恐さがあったのかもだけど、

誰にも言わなかった。


こういう仕事考えてるんだけど、私にできるかな~?とか、
遠回しな言い方しかしてなくて、
悩んでいるのは悩んでいるけど、
そこまで深刻化していませんよ~という空気で、人と接しておりました。


自分の内側と外側がズレていました。
もちろん、これも当時は自覚ナシ!



ここのブログの説明で、こんな風に書いています。
↓↓↓

soramomo-memory-rupinasu.hatenablog.jp



今までに遭遇した問題や、嫌だなあと思った事、
今までの自分の思考パターンを分析して、
自分ってこんな人間だったんだ!と、書くことで自分を見つけていくブログ。
自分が嫌だなあと思った事にこそ、自分の知りたい答えがある。
自分の知らない自分がいる。

カメレオンみたいと思っていた自分が、
全部ホントの自分だと思っていたけれど、
中心(軸)になっている自分がきっといるはず。
そんな自分を見つけたい。もっと知りたい。そんなスタンスで書いております。



自分の中のズレこそが、
今までに出てきた問題だと思っていたこと。
嫌だなぁと思った事に現れていて。


カメレオンみたいな自分。
そうなった答えは、先日の記事に書いてました。

好きな相手には我慢をして、
(我慢してるけど好きだから平気。後で忘れる。)
好き以外の相手にも我慢はするけど、



自分でてないもん。。。


好きな相手と好き以外の相手にも我慢してるて・・・

ひぃぃぃ( ;∀;)


これをまったくの無自覚でやっていたから、
こわいなー
当時は、我慢しているという認識もなかったし・・・

なんか相手のペースに合わせて、
相手の色に自分を染めて話しているという感覚だったのですよ。


我慢しているけど平気という気分になっているだけで


相手のオーラの中から出ると、
(私の相手のペースに合わせる、という意味は、
感覚的に言うと、相手のオーラの領域に入って、同調している感じなのです)


しばらく経つと、
自分に戻る感じ。空虚感も戻ってきます。



会社に行くと、会社というオーラに同調した自分になり、
家に帰ると、家というオーラに同調した自分になり、
友達Aさんに会うと、Aというオーラに同調した自分になり、
Bさんに会うと、Bというオーラに同調した自分になり・・・

これは、
態度とか、顔が変わるとかそういう感じではなく、
(外から見ると、そう見えたりもするのですが、)

私の感覚では、その人や、その場所に染まっているという感じで、
自分で、自分というものが感じられなくなっています。


私が同調している時に、相手から、
「MASHIROさんはどう思う?」
なんて、質問は、まず出てきません。

私が相手に同調しているから、相手にとっては質問も確認する必要もなく、
ああ、自分と同じなんだと感じているでしょうから。


だから、私は、「相手と同じ気持ちでいるんだ・・・・・」
と、意識して同調しているわけではないし、
自分という感覚も失われているので、
私の気持ちは、相手と同じ、という
錯覚をしてしまっていました。


エンパス要素もあるとは思うのですが、
特に、高校生あたりから、
相手を不快にさせない言い方、気の使い方、話し方、
どういう言い方が喜ばれるのか・・・
どういう伝え方がスムーズに伝わるのか・・・というのを、
そういうのが上手な人を探して、真似をして、
行ってきた背景の影響が強いんじゃないかなーと思っています。

あ、でもこれも同調かも(笑)


無意識って・・・こわいねぇ・・

でも、現実を見ると、現実のいやーな事とかと向き合っていくと、
無意識でしている事が分かったりするわけで・・・


現実も大切だね!
なんかやっと言えるようになってきた。
現実なんて大っ嫌いだったけど、
自分で作ってるんだから、自分で作れるんだったら、
自分の好きな現実を作っていかなきゃね~。


つづく。