~虹の記憶と空色のルピナス~

◆◆自分を見つめていくための探求ブログ◆◆

身体の作り方 つづき。

おはようございます。
MASHIROです。


令和最初の記事は、、、
下記記事の続きです(*‘∀‘)

soramomo-memory-rupinasu.hatenablog.jp


思考が厳しいから身体を壊したのか、
身体が壊れたから、思考が厳しくなったのか・・・という話



先日、ここのブログの内容確認をしていて思ったのですが、

やっぱり・・・
思考が厳しかったら身体を壊したんだと思います・・・(;・∀・)

相手に対しても厳しかったので・・・
厳しかった自分に対しても、けっこう責めてたりした時期があったのですが、
なんで厳しくなったかを考えてたら、

最初は、
誰誰がケアレスミスするからとか、
ルール通りのやり方をしないからとか、
それだと相手に全然伝わらないからとか、

根本にあるものは、

その時の環境を良くしたいという思いがあったからでした。


チームが一丸となって、仕事ができるように、
仕事のやり方を質問した時に、
相手によって、返ってくる内容がそれぞれ違うって、事がないように、
品質が高まるように、高まるようにと、
考えていた結果でありました。

それがいけない事だったんだって思うようになっていったのですが、


そういう自分だった時に、
好きな人とうまくいかなくなった事に理由がありました。
(仕事は順調だった。)

あんなにチームの事を考えて、相手の事を考えて・・・
行動したことが、
行動したから、嫌われてしまったのか・・・

なーんて、

10年も引きずっていました(;´∀`)てへ


私が何を思って、厳しくなってるか、というのを
自分が口に出して表現しなくても、
同じような考えのメンバーの方達は分かってくれていたのですが、

私とは違う考え方の人が、私の行動を見ると、
たぶん、
できてない事を責められているんだ・・・って、
少なからずは思っていたんじゃないかと思うのです。


私が厳しく言われる立場になった時、

厳しく言われる側も、
好き好んで、できてない訳じゃないんだと。

言われる側にも、ちゃんと考えがあるんだなと、分かったからです。


当時の私は、
厳しく言われるのが嫌だったので、
先回り先回りして、仕事の段取りを考えていて、
言われたくなければ、
私と同じようにすればいいじゃないか・・・
できない方が、しない方が悪いじゃないか・・・
どれだけ、こちら側に負担がくると思ってるんだ・・・

などなど思っていました。

できない方が、できるようにしようと努力しない方が悪いと思っていました。
言われる方が悪いと思っていました。←このへん親の影響もある(;´∀`)
(よく、言われないようにしろ!と怒られたもんです・・)


身体を壊してから、
軽い対人恐怖症になっている事も自分で気づかないまま、
新しい仕事をした時に、

今までできてた事が、突然できなくなりました。


今までだったら、
スッとできていた事が、(電話対応とかデータ入力とか)
全然できなくなっていたのです。

まぁ、全然やった事がない内容ではあったけれど。


その時に、
なんて自分はダメ人間になったしまったのだと、地に落ちる感じでした。

できない人にも、
できない理由が、ちゃんとあるんだって思うようになっていったのです。
(マジメにしないとか、怠けているとか、そういう理由じゃなくて・・ね。)
したくても、できない、っていう事が起こりうるという事も知りました。


私が身体を壊したことは、
誰よりも一番自分が、
今までできていた事ができなくなった事に対してショックを受けていたのですが、
見た目、骨折しているわけでも、
血を流しているわけでもないので、
親にすら、怠けていると思われていたので、
(弱り目に祟り目って感じで、それを知った時、こんなに辛い事を分かってくれてない・・・という衝撃でお腹を壊して寝込んだ・・・
という事も怠けていると思われて・・・( ;∀;))

やっぱり、ちゃんと言わないと、分からんもんだなって、
その後、思い知りました。

ちゃんと言うには、
自分がどういう状態でいるのか、
何を思っているのか、
自分で理解しなければならない、ということ。

たぶんそれが、自分を愛するということ。



エネルギー体だと、たぶんテレパシーがあるので、
いちいち言わんでも相手に伝わると思うのですが、
肉体をはさむと、そういう力が遮断されるので、
ちゃんと言葉として、出さないといけないんだろうなぁと、
ちゃんと言葉で説明する、という修行をしに来ているんだろうなぁ・・・・


とか、今は思います。



肉体的なことを語ると、

私の場合、
自分に対して厳しめな思考ばかり続けると、
自律神経のバランスがくずれて、
リラックスすることが難しくなり、
休むという考えもなくなってしまい、
身体に影響が出てきているように感じています。

なので、
今もなのですが、
自律神経を整える、というのをけっこう考えるようになりました。

身体を動かす、という外側からのアプローチも大切なのですが、

自分の思考を変えていく、というアプローチも必須になってくると思います。

自分に厳しい人は、特にね。

100%できなくて、
一番最初に怒ってくる人は、
自分なのだから。

できない事を自分で責める前に、
できない理由が、自分のどこかにある事に気づけたら、
責めずにすむんじゃないのかなぁ~なんて思います(*‘ω‘ *)♪

そんで、その理由を見つけた時に、
そうなってしまった自分も責めないこと。

そういう自分を受け入れると・・・

なんかうまくいくような気がします。(*´艸`*)♪