~虹の記憶と空色のルピナス~

◆◆自分を見つめていくための探求ブログ◆◆

新しい次元からの視点 2

こんばんは、MASHIRO です。

今日は、波動について書いてみようと思います。

私がこの「波動」について知る事になったのは、
友人関係が上手くいかなくなったのがきっかけでした。

私はずっと、親よりも友人の方が大事だったので、
この上手くいかなくなった友人に対しては、私の中で一番の人でありました。

友人は、私よりしっかりしていて、物事をハッキリ発言する人で、
周りの人の言動も観察している人でした。

当時の私は、覚えている限りですが、思った事もあまり言わないし、
言おうという意識もなく、ただ平和に過ごせれば良いと、
常に笑顔でいようという意識でいました。
ただ笑顔でいようという意識だったからか、
まわりからはそれが、ヘラヘラに見えたのかもしれません。
頼りない人とも思われていたのかもしれません。

そのため、その友人にはよく、いろいろ注意されていました。
からかわれてもいました。
けれども、なぜだか自分より位が上の人・・・みたいに勝手に感じていたので、
何も言わず、嫌な事を言われても、何も言わず、やり過ごすのみでいました。

そういう感じの関係性だったのですが、
ある頃からか、自分の思いを表現する事の大事さに気づき始め、
徐々にですが、自分の見直しをするようになっていました。

ケンカのようになった時は、
友人に対して、いろいろあったけど、
すれ違いや誤解も多々あったり、我慢もあったのにその思いにフタをしていたので、
今はお互いが分かり合えていると、信じていたので、

それはもう、大きなショックで、
長年思っていた事、感じていた事は、嘘だったの???みたいな気持ちもあり、
人に言っておきながら、自分もできてないやん・・・・とか、
何故にそういう言い方をするのか・・・とか、
動悸や手の震えはするしで、、(これが波動だったのですが)

一番だと思っていた相手が、
私の事を誰よりも理解していると思っていた人が、
こんな酷い言い方をするなんて、、、と思っていました。

さらに、何を言っても、全く話が通じず、
質問をしても、NOという答えしか返ってこないので、
何をどう思っているのかが分からない・・・。

しばらくそんな状況が続いていました。

「もう無理!」と、全て見ない、なかった事にする事も選択肢にはあるのですが、
長いつきあいもあり、好きな友人でもあったし、
言葉で言い表すのが難しい思いもあり、
何かがずっと引っかかっていて、
何かが私の中で、言葉ではない何かを言っていたので、
簡単に、なかった事にはできませんでした。

引っかかっていたものは、自分の中で光が当たっていないもの。
光に当てたくなかった思い、思想、考えなど。
表に出したくないものだったと思います。

例えば、
自分の方が立場が低いと感じている。
無力だと感じている。
自分のここはすごいのよ、とアピールしたい。
羨ましいという気持ちがある。

自己肯定感の低さや、自信のなさ、自分の軸がないことからの歪みでした。

私は、数々の本を読んで、
波動は外せるものという事を知りました。

その本を買うようにすすめてくれたのは、ツインである彼のハイヤーセルフです。

私は、自分の歪みもそうですが、
誰かの歪みの波動や、
なんだかよくわからないけど居心地の悪い雰囲気に敏感だったので、
そういう相手が現れると、気持ち悪くなって、
その場にいられなくなる、、、という性質を持っていました。
(実はこれも長年気づいていませんでした。)

それを外すことができる・・・

・・・・が・・・

一番の友人だと思っている・・・という事は、
その分執着がすごいという事。

外すまで・・・
初心者だったのもあると思うのですが、
とてもとてもとても大変でした。

ものすごく気持ち悪い波動をとらえて外す。

その波動には、変な感じのエネルギー(私は声で聞こえるのですが)も
引っかかっていたりしていました。

過去世での因縁もあったとも思います。

この波動を外していく過程で、
天使だったり、神様だったり、ハイヤーセルフだったり、
本当にいろんな見えない力が動いていた感じがしていました。

私が、もう無理・・・と思ってあきらめていた頃に、
絶妙なタイミングで別の友人からのメールで、情報をもらったり。

これはもう波動を外す事が使命のような、
私にとって必要な事のような、
そういう流れというか、バックアップというか、
すごいなぁと思う出来事も起こりました。

本当に強い執着だったと思います。

けれど、

自分の中の闇が整理された時、
波動を外せたとき、
言わなければならない内容が集められ、
相手も、
それを無視するという選択肢もあったはずなのに、
私の言葉に対する返信をいただけたりと、

ああ、やっぱりこれは、
必然な出来事だったのだなぁと思いました。

ここのブログの「怒り」や
何について書いていたのかも忘れてしまったけれど、
ネガティブな内容の事も、
全てはこの波動、バイブレーションが元になって映し出されたもの。

そうと分かれば、、、

自分が映し出したものに対して、
自分の中で、
ああでもない、こうでもない、きっとこうだ、ああだこうだ、あれがどうのこうのとか、

そういう考えはぜーーーーーんぶ、

幻想だったことに気づきます。


自分軸を作って、
ハイヤーセルフ、宇宙意識とつながり、自分を一致させる事。

最初は、友人とのすれ違いがきっかけで、
その後、心の世界を探求したい思いを思い出し、
カウンセリングの基礎をどうしようと悩んでいたら、
行きついたアセンション

それと同時にツインとの出会いがあり、
過去のトラウマを浄化していった、というもう一つの流れもありました。

波動については、
「並木良和」さんで検索してみてください。

グレーゾーンアスペルガー、プレアデス、レムリア、アルクトゥルス
HSP、自分軸、二元論、私が自分の性質、自分について調べていく中で知った内容の
全てが詰まっていました。

たぶん、私にとって、この流れでアセンションを知るようにできていたんだと思います。

この流れだったからこそ、並木さんに行きついた。
そんな感じがします。

普通にスピリチュアル用語が時々でてきますので、
いきなり波動が~アセンションが~って聞いたとしても、
私は、あんまり真剣にならなかったんじゃないのかなー・・・なんて思うから。

みんなが自分を取り戻していくと、
きっと平和になると思う。
それは平和で過ごしていきたいという幼少の頃からの私の思いとも一致するし、
これからも自分と繋がることを意識していきたいと思っています。

これが私にとっての、新しい次元となりました。