~虹の記憶と空色のルピナス~

◆◆自分を見つめていくための探求ブログ◆◆

青の章

私の悪い癖で・・
何か嫌な事が起こると、何が悪かったのか、何をどうすれば良かったのか、
次に同じことが起きた時に、どう行動すれば良いのか、、、
と自問自答する所がありました。

相手がなぜ、そういう行動をするのか、という分析もよくしていたし、
自分はどういう性格なのか・・・
を知るために自己分析などのツールも使ったりしました。

けれど・・・
納得するような答えはなかなか見つからず、
怒りは収まらないばかりでした。

そんな状況ですから、
プライベートの人間関係にも影響が出てしまい、
一番親しくしていた友人ともすれ違いが起きました。
一回目に身体を壊した後も、
何かと裏切られる思いをした傷も癒えないままでしたので、
動悸や、過呼吸や、手の震えも起きて、眠れず、
一体何が悪かったのか、さっぱり分からない状態が続きました。

何が原因ですれ違いが起きたのか分からなかったので、
調べていて、行きついたのが、
心屋さんのブログにあった、前者後者論でした。

そして、次に気になったのが、ヒステリーに騒がれたこと。
今回だけではなく、前の上司にもヒステリーのように、
自分が一方的に被害者だと言わんばかりに、暴言を吐かれた事も思い出されました。

この空気がとてつもなく嫌な空気で、
思えば、ギスギスとした空気や風通しのない職場の雰囲気や、
何かミスをすれば、上司の連絡不足や情報共有のなさも原因であるはずなのに、
全てのミスをその上司により、かぶせられる、という職場にいたこともあり、
その事も思い出されました。

なぜヒステリックになってしまうのか、という事も疑問でした。

そういう思いを抱えながら、
これからの自分をどう生きていこうか考えていく中で、
学生時代の一つの案としてあったカウンセラーが再浮上して、
ある講座を受けるのですが・・・

◯◯療法などを学ぶ過程で、
やっぱり、友人とのすれ違いが思い浮かんできます。

講座終了しても、どうしても心の中で引っかかりが起きていました。

この時点で学んでいた事は、
・心屋さんのブログ、前者後者論、心屋さんの何冊かの本、
・本田晃一さんのブログや本、竹田和平さんについて、
・吉濱ツトムさんのツイッターで、
 グレーゾンアスペルガーという真性アスペルガーとはまた違った症状がある事、
・カウンセラー講座での知識。
鏡の法則

色々調べていたのですが、
友人とのすれ違いを解消させる何かを見つける事はできませんでした。

そんな中・・・
フシギな出会いが起こって・・・

一度目に身体を壊したときの心の傷が癒され、

二度目に身体を壊したときの傷との向き合いができるようになっていきました。

色々不思議な事が起こりましたので、
何が起こっているのかを把握するため、
またさらにいろいろ調べていくのですが・・・

どうやらこの不思議な出会いは、ツインレイかもしれないという事が分かり、
(当初、ツインレイという名前も知りませんでした)
インディゴチルドレンとか、クリスタルチルドレンとか、

プレアデス星人・・・?
レムリア帝国・・・?
という名前とも出会い、

そこで、

吉濱さんが出されているスピリチュアル系の本に確か・・
グレーゾーンアスペルガーについて本を調べている時に知ったのですが、
「地球の兄弟星〈プレアデス〉からの未来予知」という題名があった事を
思い出しました。

プレアデス・・?????

なんかちょっとコワイ領域に手を出しそう??という感じはあったのですが、
購入してみる事にしました。