~虹の記憶と空色のルピナス~

◆◆自分を見つめていくための探求ブログ◆◆

赤の章 

私の人生にとって、
小学生から大学生までは、
『進学』という意味では、特に躓くことなく進んでいきました。

小学生の間に2回転校して、
中学高校は、私立学校に進み、
大学は、ある日上から直感が降りてきて、情報系の大学へ推薦で合格。
国公立の大学も選択肢にはあったけれど、
文系は自分には合っていないと思っていたし、
私は普通じゃないと小学生の頃から思っていたから、
一般事務等は、絶対に続かないと思っていたので、情報系大学を選択しました。

パソコンはそれまで触れた事もなく、
ゲームしかしてこなかったけれど、なぜか私は、大学はそこだ!と直感したのです。


・・・と、一見スムーズに見えるのですが・・・

ちょっと掘り下げますと・・・

中学生の半ばから、ちょいちょい休むようになり、
高校3年間は、出席日数ギリギリになるまで休んでたし、
修学旅行も、まったく興味がわかなかった為、行ってません(笑)

みんなが修学旅行行っている間は何をするかというと、
学校に行って、いろいろ課題をするのですが、作文も課題の中にありました。
その作文、もう何を書いたのか忘れたのですが、
担任の先生も含めて、修学旅行とは、楽しいもの!
みたいなイメージを持っているからか、
行けない人はかわいそう!みたいな空気もあって、
私の書いた作文が、ちょっと感動を呼んだ・・・のかな?
担任の先生は感動してました。

い、いや、あのね、、、行きたくて行けなかったのではなくて、
行きたくないから、行ってなくて、、、
逆に私は、学校で課題をしている方が楽しかったのよ(笑)
人少ないし!(笑)

・・・とは言えなかったので、黙っていましたが(笑)

まぁ、、、
中学高校の間、特にいじめといういじめはなかったのですが、
仲の良い友達がいなかったので、行事は、全然楽しくなかったのです・・。(^^;)
ほとんど別のクラスに仲が良い人がいて、
その人達は、学年でいうと成績上位の人が集まるクラスでした。
そのクラスに行けるように、頑張ったんですが・・・

いけなかったんですよねー
高校一年生から選別が始まっていたようで、
私は、高校二年生から頑張ったものだから、、、

中学生の時も、そういう選別があって、そこでも上位成績のクラスに入れず、
涙したもんです。めっちゃくやしくて、塾で隠れて泣きました。

小学生から大学生までは、
回数が二けたになるくらい引っ越しをしまくっていたし、
同じ場所にずっといるという経験がなかったので、
仲の良い人達に囲まれての生活、というのがほとんどありませんでした。

大学生活4年間が、仲の良い人達に囲まれての生活という意味では、
一番長かったと思います。

当時の性格は、小学生から高校生までは、
どこかに感情を落としたの?というくらいに大人しくて、
でも、
クラブや委員会活動は先輩後輩関係なく、はしゃいでいたり・・・

まったく話せない訳ではないのですが、
自分が苦手な人が多い環境、
声が大きい人が多いとか、遠慮なく心に入っていこうとする人が多いとか、
そういう空気が特に苦手だったので、
(当時はそれに気づいている人はおらず、自分でもその事に気づいていなくて、ただただ固まっていた)
環境によって、ガラリと自分の性格が変わっていたと思います。

めっちゃ普通にしゃべれる、という環境がほとんどなかったので、
(実は家族も仲が良かった訳ではないので、あまり話はしていなかった)
だいたいが、私は体が弱い子、大人しい子、よく分からん子、
と思われていたと思います。

ごくごく少数の友人が、面白い人、実ははしゃいだりする人と
思ってくれてたと思います。

また、いつの頃だったか、
10代前半頃までは、相手の裏を読むとか、したことすらなく、
何を言われてもヘラヘラと笑顔で返していたのですが、
ある時、「なんでそんなにいつも笑っているの?」って言われました。
何が気に食わなかったのか、
突然平手打ちされた事も2回くらいあります。
その時も・・ヘラヘラしてたと思いますが・・・

人によっては、相手の笑顔に対してイライラするものなのだと、
感覚で知ったのだと思います。

常に笑顔でいると、
何故か攻撃される。
何をされても平気だと思われる。
何かをしゃべると誰かを傷つけそうだから黙っていたら、
黙っている事で、人が傷つくこともあるとも知って。

そういう自分ではダメだと無意識に思い始めていたのかもしれません。


大学生になり、心機一転。

自分の意見を言える自分になる!と決意をして、
ヘラヘラしている人、
みんな集まって何かをする時に、誰か勝手な行動をしようとする人
偉そうに喋っている人
そういう人たちに注意をする、
そんな性格が出来上がっていました。

でも、そういうのができる相手って、
自分より下って思っている相手にしかできないんですよ・・・。

自分より上と思っている人からされると、萎縮しちゃう。
自分より上と思っている人は、全て正しい!とか思っちゃう。

ある特定の人(自分より下と思う相手)には偉そうに注意して、
自分と対等な人とは、普通にしゃべって、
自分より上と感じる相手には、
顔色をうかがい、怒られないように言動を注意する。
相手に話を合わせて、自分を押し殺して、気を遣う。

だから、
自分より下だと思っている相手に気を遣われなかったりすると、
めっちゃ怒ったりする。
自分より上と思っている相手に気を遣われなかったら、凹んだり諦めたりする。


頑張って笑顔でいたら、いい事がなかったから、
無難に過ごそうと黙ってたら、誰かから干渉されるから、
人気者だった人達の言動をまねたりしていく内に、
相手によっても性格が変わる自分になっていたのです。