虹の記憶と空色のルピナス

自由にいろいろ書いてます~

怒りとの向き合い方 完結

こんばんは、蛍石です。

怒りとの向き合い方 完結です。


なんかねー

説明が難しいんだよー

だけど、

書いてみようと思います。
なんか書かねば!な感じに心が言っているので!


私が怒りという感情の扱いに困ったのって、

上司に、まーこういう事を言われた、された、決めつけられた、などなど、
こうされた!っていう数々の積み重ねがあり、
そのたびに、よっぽど酷い事だけは、ちょっと反論したりもしたけど、
大部分は、言葉を飲み込みました。

だって・・・

上司だから、という理由があったからです。


自分の中で、上司に何か腹立つ事が起こった時、
誰が見ても自分はおかしくない!って思う事は言えるけれど、
それ以外は、なかなか言えない、という自分ルールがありました。


ま、これが初めてじゃなくて、
今までもそうでした。

けれど、ここまで、恨みにまでも似た怒りが湧くことなんて、なかったんです。

理由は、よく分からないけど、
単純に、嫌いだったんだと思う(笑)

何が嫌いかっていうと、

一番は、人を見下していた所。

その為、何かにつけて、
「君たちは何も考えていないバカだろう」と言えるネタを探しては、
上司自身の方が考えている、すごいだろうエピソードを披露されていました。

=======================
当時は、自分自身も「できない自分」を責めていた所があったので、
それを言われても何も言い返せませんでした・・・。
ただただ凹むというか、傷つくというか・・・

そういう感情をなんとかしたかったので、
考えを掘り下げていくと、
(この会社辞めてからだけど!辞めてからも、怒りがおさまらなかったので(;´∀`))

例えば、学生の時、100点とったよ、すごいだろー!
みたいな事と同じなんだと思いました。

私にも、認めて欲しい欲求はあったし、
ああ、ちょっと、これは私なのかもしれないなーと。 (鏡の法則)
自分に自信がなく、誰かに認めて欲しいという私が、私の中にもいるって
気づいて受け入れたら、気にしなくなりました。
=======================




もう一つは、
自分がこれだけしてあげているんだから、
それに見合った何か (上司主観) をさせようとする所、もしくは要求する所。

=======================
誰にでもあるよね・・こういう気持ちって。

例えば、自分はこれだけおごってあげたんだから、(世話をしたんだから)
あなたも私に返しなさいよ!みたいな。

言葉に出さなくても、気持ちとして出てくるときありますよね・・。

私はいつも、これだけの事をしているのに!って。

そういう感情を終わりにしたい場合は、
『しなかったらいい!』
これに限ります(笑)

好きでしていなから、怒りがわいてくるので、
しなかったらいいんだって、気づきました。

好きでやってる事って、お返しとかそんなん、あんまり気にしないのよ。
だって、楽しいから!
=======================



そして、
何か自分に気に入らないことがあれば、
徹底的に言葉で追い詰めて追い詰めて、
謝らなければ、話が終わらない状況を作り上げる所です。

ここに、相手の自由なんてありはせず。

自分が圧倒的に正しいんだ、悪いのはお前だ、
自分は間違っていない、これだけの事をされたのだから(上司主観)、
これだけの事をするのは、正当であると。

上司が相手に対して間違っていると思う事は、
夜中であろうと、仕事中であろうと、自分のタイミングで
話が何時間かかろうとも、押し通そうとするのです。


それが例え、思い込みであったとしても。
反論の余地はありません。
だって、上司だから、
下の者が逆らう方がおかしいという空気がありました。


**********

まあね。
上司に対して、そんな反抗するなんて、普通はできないよね。

先輩に対してもそうだし。

そういう価値観を、小さい時からそういう空気のある場所で生きてきたからね。

あ、

上司もそうなんかー

あー

書いていて気づいてしまった(´Д`)


上司もそうなのか・・・?

上下間が厳しい所で過ごしてきたら、
自分が下の立場でいて、酷い目にあってきたら、
自分、やっと好きな事、言いたい事言えるぜ!って
偉そうになるかもしれない・・・なー (可能性の話)



あー

まーじゃー、しょうがないかー



なんか大変だったんかもなー


いやー私もさー
学生時代、けっこう周りから下に見られていたので、(当時の私の主観)

せめて対等に扱われたいと思って、
必死で勉強したもんなー
性格も変えたもんなー

ほんで、偉そうにしちゃったりもしたもんなー

*****

話が終わってしまった・・・(;´∀`)


本当は、別の方向に書いていこうと思ったんだけど・・・


まーいっか(笑)

*****

でも一応、書きたかったことをちょっと書いていみよ。


怒りの感情が出てきたとき、
自分の軸をちゃんと作っておく事が、
自分の感情に振り回されないようになるコツ、、だと思います。

こんな事言ってきた、腹立つ!

じゃなくて、

こんな事言ってきたのは何故だろう?とか、

何か困ってるんですか?とか、

あ、それは、こういう事だったんですけど、どう思われたんですか?とか、


いくらなんでも、そういう言い方はおかしくないですか?とか、

『自分は、こう思ってしている』
という自分軸があると、冷静に対処できるようになります♪


って、、、あんまり自分やったことないんだけどねー(;・∀・)

とりあえず、
親に対して練習中な蛍石でした~