虹の記憶と空色のルピナス

自由にいろいろ書いてます~

今日で過敏性腸症候群のお話は終わりっ!な四日目。

さてさて、四日目突入。

今日で過敏性腸症候群のお話は終わりますよ。

どうも、蛍石です。

私の過敏性腸症候群が、
言いたいことを言ってなかったから、という事と繋がった経緯について、今日は書いてみます。

私が過敏性腸症候群との付き合いは、10年くらいになります。

その10年間で起こった事、状況を整理してみると、
・完璧主義であった
・自分軸がなく不安定だった
・猫背である
・本当は嫌だったことを我慢して、無理に現実に合わせていた
・ストレス(就職活動・卒業研究・人間関係のいざこざで)ご飯が食べられなくなり、一か月で7キロ減った
(けど・・解決したら元に戻る(笑))
・恋愛関係で酷い別れ方をした
燃え尽き症候群になった
・対人恐怖症の気があった
・友人関係も、かなり無理をしてつきあっていた
・家族間も、気持ちがバラバラだった
・毎日倦怠感
・背中が腫れる
・方向音痴が酷くなる
・人の目が見られなくなった
(それまで積極的に意識して目を見て話すようにしていたが、できなくなった)
・笑う事がほとんどできなくなった
・ストレスで過呼吸に近い状態になる事がある
・夜寝られない。朝起きられない
・軽度アスペルガーではないかと教えてもらう(相談先にて)
不眠症
パワハラモラハラで、言いようのない怒りや恨みで動悸が起こり、帰宅後も眠れなくなる
・自律神経が乱れる
・肩こり、首こりが酷い
・腱鞘炎になる
・目の神経痛になる
・体重が一年間で8キロくらい太る(ストレスが主な原因)
・胃も腸も弱り、寝たきりになる(一か月)
・起き上がれるようになるものの、一週間に一度は必ずお腹を壊し、そこから数日休まないと動けない状態になる
・カフェイン類、牛乳、洋食、お腹を壊すので、いろいろ食べられなくなる
・長年の友人とすれ違いが起こり、動悸で眠れなくなる
・やらなければならないと分かっている事が、なかなかできない
・本当にしたい事がわからない事を無理にしようとしていた
・仕事でのトラウマがちょっとしたきっかけで思い出され、思考が停止する

こんな感じ。

一つ一つ解決していってたから、よく分かってなかったけど、全部書きだしていってみたら結構すごい事になってたね・・・(;・∀・)

根本にあるのが、「言いたい事を言ってない」だったんです。

いかに自分の中で閉じ込めていた感情があったか、いかに自分を押し殺して合わせていたか、そういった過去の消化できていない自分の感情と向き合う事で、新しい自分軸を作ることで、このほとんどが解決しています。
肩こり・首こり・眼精疲労が・・まあもう、これは長年仕事でPC使ってたら仕方がないなーと思いつつ、いろいろ試している最中です。筋膜リリースとか、そういう感じのを。

そして、
過敏性腸症候群。10年間、常に一緒にありました。

心の中のお掃除をメインで治そうとしていましたが、
身体からも改善しようとした事がいくつかあります。

・自律神経を整えるためのCDを聞く
→動悸がある時に聞いたら落ち着いた

・ヨーグルトを食べる
・乳酸菌が入っているサプリを飲む
・腸を整える栄養剤みたいな薬を飲む
→これらは、私にはあんまり効果がなかった・・・

オリゴ糖をとる
→これが自分に合っていたようで、週1で壊していたお腹が壊さなくなりました。

・姿勢
→胃腸に負担がかかるので、なるべく猫背にならないように意識をした。(現在も継続中)


心の中のお掃除と、身体へのサポートで、
取りすぎるとちょっとしんどいなーと思っていた紅茶も週に3日くらいは普通に飲めますし、洋食も食べれるようになりました。一日2時間くらいしか起き上がれなかった時もありましたが、今はだいたい普通の生活ができるようになっています。

いやあ、もう、ほんとにね~
大変だったね~。
他にもしたことはあるんですが、それは過敏性腸症候群だけでなく、他の問題にも関わっていた事だったので、それはまたその時の話の時に書こうと思います。

ひとまず、過敏性腸症候群の話は終わりです~