虹の記憶と空色のルピナス

過去と今をそのまま書いてみるブログです。書きたいことがいっぱいあるので、ただただそれを書いてみたい。そんな感じです(´▽`*)

さあて、ここから這い上がりの始まりです( ̄ー ̄)

あー、いやはや、
長かった、長かった、ここまで来るのに長かった。

まだまだここから、
ぶちぶちと、道の傍でイジイジしているような話が続くのですが(;´∀`)
とりあえず、アスペルガーなんじゃないのかっていう事が分かったことで、

世界がガラリと変わったのです。

そして、もう一つ。
私の転機として、コンビニバイトをした事。

燃え尽き症候群から、
(後で判明したのですが、体が全然動かなかったのはこの為だったらしい)
対人恐怖症が少し入っていて、目線を合わすことが辛くなっていました。

アスペルガーの人達も目を合わせる事は苦手らしいと本で読んでいたのですが、
 私の場合、目を合わすことが辛いと思ったのは、この時が初めてだったので、
 たぶん、燃え尽き症候群になった時が、一番自分が弱っていた時期だった為、
 アスペルガー要素が強く出たのではないのかなーと勝手に思っています( ̄▽ ̄;)


そのリハビリの為、コンビニバイトをすすめられて、
面接を受けに行ったのですが。。。

実は実は、
コンビニでバイトするって、
私の中では、一番ありえない事だったのです。(いや~、恥ずかしい(/ω\)。)

接客業なんて、一番自分に向いていなくて、
絶対無理!と思っていました。
だって、対人恐怖症って、平たく言うと、人がコワイって事で、
美容室の電話予約するだけで、体は動かないし、声が出なくて、
電話をしようと決意するまで、1時間かかってた私がですよ。
(燃え尽き症候群だった頃の話ね。それ以前は何の躊躇もなく普通にできてました(^^))

接客業、

ギャー

って感じでした(笑)


結果的には、なんかできちゃったんですが(笑)
というか、今までで一番楽しかったんですが(笑)(´▽`*)

コンビニバイトして、価値観がひっくり返った事があって、

それは、お客さん見て思ったんですが、
『何も調べずに、誰かに質問していいんだ!?』っていう事でした。

元SEなわたくし、
職業柄だと思います。性格もあると思います。
質問する時は、
自分で調べて調べて、調べてもどーしても分からない時に聞くものだと、
そして質問する時は、
相手があまり忙しくない時に聞くもの(空気読むというやつですな)だと、
学生時代から思っていました。

これは、自分がお客さんの立場であっても、そうしていました。

それがですな、
それがですよ、

ドアから入ってきて、何も見ずに、何か探す気配もなく、まっすぐにレジに来て、
「◯◯ってどこにあるの?」
って聞いてこられました。

普通に、どこどこですよ~って答えたのですが、
内心、いきなり聞いてもいいんだ!?ってちょっとビックリしたと同時に、
な~んだ、そうか~っ♪って、思いました(笑)

勝手に、自分で変な荷物を背負ってたんだな~って思いました。

一体誰にもらったんだろう、あの価値観・・・。
刷り込みのような気もするけども。。。

そして、
私の私自身の再構築が始まります。
この時はまだ(今もですが)
自分ってどんな人間なのか、さっぱり分からなくて、
接客業をできた自分にもビックリしていたし(笑)
今まで思っていた自分って、
実は、なんか違ってたんじゃないのかなという考えがちょろちょろと出てきたのです。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この数年後、心屋仁之助さんのブログに出会って、
またまた、「ほうほう~」と思う事があったのですが、
その中に『タブーに挑戦する』というのがあって、

私にとっては、このコンビニバイトが、心屋さん的に言う、
「タブーに挑戦する」
って事だったんじゃないかな~って思います。