虹の記憶と空色のルピナス

過去と今をそのまま書いてみるブログです。書きたいことがいっぱいあるので、ただただそれを書いてみたい。そんな感じです(´▽`*)

社会人編 考察 その2

さて、ここでちょっと振り返って別の視点で見たい事があります。

私の周りの状況と周りの人達についてです。

まず、プログラミングが嫌いという思いを言えずに、それを隠して周りの人達に相談した時のこと。

返ってきた言葉として
「何のためにプログミングが勉強できる大学に行ったのか」
「やってみなければわからない」
「もっと大変な人はいる」
「どこでも同じ」などなど、ありましたが、

それは全部、自分が心の奥底で自分に言い聞かせてきたことでもありました。
(返ってきた言葉全てが当てはまる訳ではないですが・・)

これが鏡の法則なんだろうなーと思っています。なんか違うかもしれないけど(;^ω^)

自分が自分に共感していないのに、
周りが共感してくれる可能性は低くて当たり前です(。-∀-)
ここでは、プログラミングが嫌いという自分の思いを自分は共感してないですし。
いかにこの嫌いという気持ちを除けるかという事ばっかり考えてたし・・。
周りの人達がどんな人達に見えるのか、どういう扱いをされているのか、
それは全部、根本に、自分が自分の事をどういう扱いをしているのか、がキーになっていました。(これに気づいたのは、だいぶ後のことですがね~(。-∀-))


また、
ちょっと書ききれていなかったですが、
「仕事をバリバリできる自分という軸も根元からポッキリ折れた(続 ガラス瓶のように、より)」
理由がいくつかあるように思います。
当時は、何が原因なのか、何が悪かったのか、いけなかったのかと考えて考えて答えがでませんでしたが、今なら何か分かるような気がするので、まとめたいと思います。


・こうありたい(仕事がバリバリできる自分)という自分像に近づく事はできたが、全然楽しくなかった。

・理想の自分像に近づくにつれ、プライベートでもその自分で接するようになった為、友人たちに厳しくしていた面もあり、その為に空気がちょっと重くなったり(気のせいかもしれないけど)厳しくしてしまう自分を後から責めてしまったり(友人たちに一人一人謝りました(気が合わないなあと思っていた友人も含めて))どうしてこうなったんだろうと、落ち込んでいた。

・また、こうありたいという自分像になっているのに、裏切られたショックが大きかった。

・仕事のために、文句を言われないために頑張ってきましたが(喜ばれる事もありましたが)、社会人編 その4で書いた職場では、仕事のために、文句を言われないために、という理由でのモチベーションが続かなくなった。

・自分の思っている事を無視しすぎて、自分が何を感じているのかも分からなくなり、活動するエネルギーを自分の中の隅々まで探したけど、どこにもないような空虚感しかなかった。


結論
あの時苦しかったのは、辛かったのは、
何より自分が、苦しい、辛いという気持ちを認めていなかったから。
苦しい、辛いって言ったらダメだと思っていたから。
周りがどうこうとか、職場どうこうじゃなくて、
(そりゃ理不尽な出来事も多々あったけど)
根本的な原因は、自分の気持ちを自分が大事にしていなかった、
という事なんだろうなと思います。


過去の自分へ言いたいのは、
ごめんよ~(m´・ω・`)m ゴメン…

これにつきる・・・


以上、社会人編 おしま~い (`・ω・´)ゞ