虹の記憶と空色のルピナス

過去と今をそのまま書いてみるブログです。書きたいことがいっぱいあるので、ただただそれを書いてみたい。そんな感じです(´▽`*)

記憶集 青

社会人編 考察 その2

さて、ここでちょっと振り返って別の視点で見たい事があります。私の周りの状況と周りの人達についてです。まず、プログラミングが嫌いという思いを言えずに、それを隠して周りの人達に相談した時のこと。返ってきた言葉として 「何のためにプログミングが勉…

社会人編 考察

社会人編の話とカテゴリ「記憶集 緑」のお話(ガラス瓶のように と 続ガラス瓶のように)がリンクしていて、ちょっと分かりにくい文章になっていると思うので(自分もこんがらがっている(^^;))、ここでもう一度まとめようと思います。まず、当時の自分の様子を…

社会人編 その4

さあて、ここから苦悩の日々が続きます。新しいプロジェクト先は、先は、とっても暗かった!!元気がなかった!!人の周りにとてつもなく厚い壁があった!!という感じの、とっても風通しの悪い職場でした。 電気がついているはずなのに、部屋は薄暗い感じで…

社会人編 その3

そして、その考えていたことを後押しするような出来事がありました。それは、当時仕事をしている私が、 その職場で一番心のよりどころになっていた人(以降Aさん)に裏切られ、かつ、後輩(以降Bさん)に完全無視されて仕事どころではなくなったからです。Aさん…

社会人編 その2

ここからは、私の頭の中では特にごちゃごちゃとしている内容になっていくので、まとまりがないかもしれませんが、書いてみたいと思います。大学生から引きずっていた、『自分のプログラミングが嫌いという気持ちとどう向き合うか』、がこの時のテーマです。…

社会人編 その1

はてさて、卒業の時の悩み事の向き合い方がへたくそだった事が頭の大半を占めていたのですが、実は頑張ってた事が分かり、それでなんかスッキリしてしまったので、書こうと思っていた内容が思い浮かばなくなってしまった(;´∀`)ハハハまあ、気を取り直して、…