~虹の記憶と空色のルピナス~

◆◆自分を見つめていくための探求ブログ◆◆

続・すべては幻想だった!? 『原点回帰話その3』

こんばんは、続きです。

あれから、処分いたしました。
ちょっと抵抗ありましたけど・・・

その後・・・
出るわ出てくるわ・・・
奥から重たーい波動がわさわさと出てきまして・・・

『友達とは(どんな事が合っても)離れてはいけないもの』という
自分で作ったルール(幻想)でフタをしてきた『自分の嫌だった思い』等が出てきました。

体中がおもーく、喉も久しぶりに圧迫感があったり・・・

その重たい波動を手伝ってもらいながら、外していくと・・・

なんかスッキリしてきました(*‘∀‘)bいぇい♪


そして、ほんとーに我慢してきたなぁという思い出の他に、
私はただ、自分の趣味について語れる人が欲しかったんだなぁ・・
性格とか相手の事を見ずに、
自分の趣味の話をしたかったんだなぁ・・・
そりゃー、性格が違えばぶつかるけど、ぶつかっていく事が怖いから、
正論を言う事で、なんとかまとめていこうとしてたんだろうなぁ・・・とか、

そういう気持ちも出てくるようになって。

最初から趣味の仲間であって、友達じゃなかったんだなって気づきました。

趣味の仲間に自分の悩みを聞いてもらえなかったのは、
確かに悲しい事だったけれど、何が悪いとかそういう事でもなく、
たまたま起こった事で、
(魂レベルでは、ネガティブな自分の感情に気づくために起きた事と思っている)

最初から私は趣味の話がしたい、という事が気持ちの上で大きくて。
悩みを聞いてくれなかった事、
友達として、人間として、話や考え方が合わないのは、
それはもう、しょうがない事だなぁって。
趣味の仲間だったんだから。

私の、友人関係という原点を言葉として表すのなら、
最初の方で書いた通り、

『友達とは(どんな事が合っても)離れてはいけないもの』
『助け合うもの』
『気持ちを聞き合うもの』

という考え方が発端のような気がします。

それ自体は悪い事じゃないし、
その考えがピタっと状況にハマる場合もあると思いますが、
まず、自分の中で友達と思っているのだろうか・・・
自分は、友達の話を聞きたいと思っているのだろうか・・・
と、
自分のルールに対して深く考えもせずに、
習慣的に、頭で状況を当てはめていくのではなく、
最初に自問自答する事が大切だったんだなぁと思います。

私の原点
3、友達とは(どんな事が合っても)離れてはいけないもの、助け合うもの、
  気持ちを聞き合うもの、という考え方があった。
→その為、今の自分の状況や相手をよく見ない傾向があった。


さて、
友達の関係性の原点が先にきちゃいましたが・・

ここが見えてきたら、
私は、本当に就職活動という大事な時期に、
仕事の他にも、ここまで、
友達関係にも悩んでいたんだなぁ・・・
重いものを背負っていたんだなぁ・・・

と見えてくるものがありました。

焦るとどうしても、『できていない』という
目の前の現実だけにしか向けられなかったりして、
まわりが決まっていく現実を見て、
苦しくなっていったりして・・

ああ、私、今まで自分がダメだからと思っていたけど、
あの子よりは成績良いし、あの子よりはすごいのに・・・とか思っていたけど、
実際は逆で、
私は、あの子より下なんだ、あの子よりダメなんだって、
潜在意識では、そう思っていたようです。

潜在意識で、自分はあの子より下だと思っているから、
顕在意識で、自分はあの子より上なのに!!!とか出てくるのかもしれないなぁ・・
って、
書きながら思い浮かんできました。


もうやめよう。うん。

早いからすごいんじゃない。

自分が喜ぶ選択をどこまでできているか、

それが大事。

過去の自分に言うとするなら、

まわりに振り回されないで。
自分の気持ちを感じるようにしてね。
あなたは既に、十分すごいんだから。

そう言いたいなー。


で、当時、あれこれ考えつつも、一応、就職決まったのですよ。

今あるできる事で、かつ、未来につながるような会社を探して。

しかし、

就職出来たらできたで、その後の職場にも振り回されちゃって。
結局、自分がやりたい事ってなんなんだ!って思っていた事も忘れちゃって。
目の前の仕事に追われて、
身体が強制終了に。

なんで身体が悪くなったんだとか思っていたけれど、

卒業時からつまづいていた事も分かっていたけど、

今回分かった。

大学を選ぶ所から始まっていたことに。

今までも書いていきたけれど、もっと掘り下げてみよう。

コンピューター関連の仕事がしたい、と思って大学を選んだのだけど、
職業は、まだ自分の中では決まっていませんでした。
大学に入って、いろいろ見てから決めようと思っていました。

そのことを・・・
すっかり忘れておったのです(;´∀`)←えええええ!?

卒業の課題どうしようこうしようで、
すっかり忘れておりました。(^^;)

あーあ。(笑)

卒業の課題も、課題ジャンルが好きだという事では、全然なかったし。
あぁ、、、若気の至り(笑)
自分を全然見ておりませんでした。

というわけで、
その時代に戻って、
何を学んできたのか、何を自分が思っていたのか、感じたのか、
そこまでふりかえろうと思います。

教科書・・・ぜんぶ処分してるねんけど・・・
どうやって振り返ろうか・・・(笑)